絵符を仕分ける

絵符仕分け機能
~ 加工帳の受付から搬入までの情報連携の出発点 ~

印刷された絵符は、多くの場合、加工場にて定尺材毎・加工ライン毎などに仕分けらます。絵符を印刷する際に、この仕分け作業をシステムが自動で処理すると、加工着手までの時間・負担を大幅に削減できます。

特徴・効果

  • 絵符の印刷と仕分けを同時に行うので、省力化&時間短縮を一度に実現
  • 複数の現場をまとめて印刷するので、手間と用紙の無駄が少ない
  • 仕分け方法は、加工場熟練者のノウハウを再現できる

絵符の印刷と仕分けについて

  • 仕分けたグループごとに、グループ表紙[集計表]を付けることができます
  • 仕分けたグループごとに、色、模様等が異なるように自動的に変更されます
  • 絵符は印刷する際に、仕分けられたグループごとに整列するので、
    切り離して重ねるだけ ⇒ 並べ替え不要!
  • 印刷イメージ

『加工場絵符管理システム』の機能概要

加工帳データ読込み、仕分けられた絵符をまとめて印刷するシステムです。
仕分けルール、印刷方法、絵符デザインなどを設定・管理することができます。
画面は、絵符1枚につき1行の一覧形式を採用 ※左端に印刷イメージを表示

仕分けルールの設定

仕分けの単位、および絵符の並び順(仕分けルール)は、設定画面より変更・調整します。複数の“仕分けルール“を設定・登録することも可能。

印刷設定

絵符レイアウトの選択はこの画面から行います。両面印刷にも対応。『奥に並べる』機能を使えば、複数枚まとめて切り離すことができ、切り離し作業の時間短縮にも効果的です。
※イメージ動画をご参照ください

フィルタ機能&フィルタ再生

一覧から印刷対象を抽出する際はフィルター機能を使います。複数の項目を順に絞り込んで印刷対象(グループ)を確定し、一括印刷をかけます。
毎日同様の絞り込みを行うような場合には、フィルタ条件をあらかじめ登録し、印刷時に再現させることも可能。他にも毎日の作業負担を軽減させる機能を随所に施してあります。
※”フィルタ再生”のイメージはこちら

『保管箱』機能

一度印刷したデータレコード(行)には印が付いて、印刷対象には含まれなくなります。この印刷済みレコードを一覧から『保管箱』へ移動させると、一覧画面には未印刷レコードだけが残るので、対象の絞り込みがより簡単・シンプルになります。

※移動はボタンを押すだけ、簡単!

データ入力

入力データの読込み

データの読込みは、各入力システムから『加工場管理へ送信』ボタンを押して転送対象を選ぶだけ!
データ転送が完了すると『加工場絵符管理システム』の画面に切り替わります。
※新規読込みデータレコード行は薄緑色に表示されます。
※加工帳データの入力は下記システムをご利用ください
 (同じプライムサービスの機能です)

『JEM絵符Writer』

『JEM鉄筋出荷管理システム』

印刷完了データは別の担当(PC)へクラウド(自動)送信

印刷が完了した“絵符データ“は、工程進捗管理、荷積・運搬管理、実績数値管理などの業務で活用するために、クラウドサービスを通じて、別の担当のPCへ自動配信させることが可能です。

<活用例>
『配車・運搬掲示板』
『集計分析(クロス集計)』

もっと詳しくお知りになりたい方はこちら

お問合せ