JEMシステムのバージョンアップ方法&注意点

※【ご注意】以下のご利用方法の場合、必ずご確認ください

出荷管理システムにて
①複数台にて共有区画をご利用の場合
②加工帳データ転送をご利用の場合

※該当しない、または、了承済みの場合
   

以下の手順にて、バージョンアップを行ってください

①ライセンスセンターを立ち上げる

  ↓
②画面右上
『最新バージョンの確認』をクリック

  ↓
③インストール開始

  ↓
④ライセンスセンターの画面が立ち上がれば完了です

  ↓
⑤デスクトップのアイコンより各システムを起動してご確認ください。

バージョンアップ後に、システムが起動しない(ライセンスキーが認識しない)場合の対処方法

「ライセンスセンター」の「サポートメニュー」より、ライセンスキーのドライバーを更新してください。
   ↓

詳しくは、こちらから

ウィルスバスターに誤検出(隔離)された場合の対処法

ウィルスバスターをご利用のPCにて、以下のメッセージが出た場合

→ 詳しくは、こちらから

JEM鉄筋システムにおける『令和』対応について

JEM鉄筋システムにおいて、印刷帳票、及び、画面表示にて、新元号『令和』を表示させるためには、以下の下記の2条件(①、②)が揃う必要があります。

①Windows Update(新元号対応更新プログラム)の実行(適用)→ 参考情報はこちら(マイクロソフト社ページを引用)

②JEM鉄筋システムは下記バージョン以降
・積算システム  → Ver 4.00L24
・出荷管理システム→ Ver 8.34L00 

※このバージョン以前の場合は、バージョンアップを行って下さい。

詳しくは、こちらのページでも説明しております。
ご確認下さいますよう、お願い申し上げます。

もっと詳しくお知りになりたい方はこちら

お問合せ